投資顧問への相談と銀行預金並みの元本保証のCB

投資顧問は、投資に関する助言を投資家に行う職業や会社の事です。投資には様々の種類があり、どの様に投資を行うかについて判断をする事は大変難しいものです。投資顧問は、専門家の立場から様々のアドバイスを行います。実際には、アドバイスの方法について、大きく分けると投資助言と投資運用があります。投資助言は、投資顧問自らは実際に投資の作業を行うのではなく、依頼者の関係する投資についての分析を行う事により助言を行うものです。一般に投資顧問という場合には、この形態を指す場合が多くなっています。この形態にも幾つかのバリエーションがあります。一番関わりが薄いものに必要な時に相談を受けるという形態のものです。この場合、気軽に相談をする様な形でアドバイスを行います。一歩進んだ形態として、投資の時期や数量などについて具体的な指示を出してもらうというものもあります。その際には、顧客が実際に投資を行っていなくても、もし投資をしていれば成功したとみなされる場合には報酬を請求されます。別の形態としては、情報を買い取る形で、結果に関係なく固定額を支払うというものもあります。投資顧問のもう1つの形態としては、投資一任契約を結んで、顧客の資産を投資顧問が実際に運用を行うものがあります。この様な場合には、投資ファンドという言い方がされる場合もあります。投資はの助言について、この様な便利なものがありますが、投資対象となる魅力的なものとしても、この世界では珍しい元本保証が期待できるものがあります。ここは、銀行並みの元本保証が期待できるCB(転換社債型新株予約権付社債、Convertible Bond)について紹介します。このCBは社債の1種ですが、会社の業績が上がり株価が上がればある条件で株式に転換でき、会社の業績が上がらなくても社債の元本・利息収入の確実性は保証されるというものです。