三井住友トラスト不動産投資顧問を紹介します

東京の丸の内に本社を構える三井住友トラスト不動産投資顧問株式会社は2005年に設立された会社です。新丸の内センタービルディングの11階にオフィスがあります。現在の社長は、岩﨑洋充。2012年に中央三井トラスト・リアルティと住信不動産投資顧問が合併して誕生した会社です。三井住友トラストグループの資産運用を行っています。
三井住友トラスト不動産投資顧問株式会社は投資用の不動産を所有者や投資家に変わって管理し、運用を業務とする不動産アセットマネジメント業務を行っていいます。この不動産アセットマネジメント業務は年々拡大しており、2014年度9月末時点ではその資産が3612億円にもなっています。保有している資産の7割以上が東京都になっています。
三井住友トラスト不動産投資顧問株式会社の投資哲学は5個あります。具体的には、投資家第一主義、透明性、説明責任、ベストプラクティス、永遠の挑戦者となります。顧客である投資家の最大限の利益を目指して、高度な知識を活かし投資を行っています。また、透明度の高い投資を行ってて、投資についての疑問に対しても随時対応しています。
国内外投資家の間で、不動産投資への関心が高まる中、どの不動産投資顧問会社に相談するのがいいのか迷う方も多いかもしれません。不動産投資顧問の会社選びに迷ったら、この三井住友トラスト不動産投資顧問株式会社を検討してみることをおすすめします。三井住友トラスト不動産投資顧問株式会社では、電話での相談窓口も設けていますので、まずは相談してみましょう。金融商品に対してのメリットだけでなくリスクの説明までしてくれるので、安心して相談をすることできます。この電話相談、平日の9時から17時となっています。